アスリートジャーナル | アスリート発信の次世代ジャーナリズム

浅田真央の「挑戦」

グランプリファイナル 女子フリー

インストラクター&テクニカルスペシャリスト 中庭健介

ソチという大きな目標があるので、「ここでやらないといけない」という気持ちが強かったと思う。だからこそ、あえてこの場を「挑戦」の場と選んだのだろう。この気持ちがあれば、今後さらに浅田選手が良くなっていくと感じた。トリプルアクセルを2発入れるのは精神的にも体力的にもきついものがある。

他のジャンプで失敗できないという状況で、あとのジャンプをほぼパーフェクトに出来たという点は今シーズン、安定して成績を残せた大きな要因だ。世界トップの技術とステップと表現力。これがよく出来ていた。ミスはあったものの他を寄せ付けない、圧倒的な強さだった。

今回は挑戦する試合だったと思う。

ショートの「完成」とフリーの「挑戦」ということで、成果と課題が見えた素晴らしい試合だった。

1 2

, ,


フォトギャラリー

  • 中庭健介の記事

    Back To Top